シャープ買収はパラダイムシフトの兆候だ

目安時間:約 6分

僅か10年ほど前には勝ち組で日本を代表する名門シャープが崩壊し、台湾の組立請負企業のホンハイに買収されることがほぼ確実となった。   07年には株価も2,000円以上あり時価総額は2兆5千億を超えていたが、今の株価は100円台で時価総額も2千億強と10分の1の価値と評価されている。     しかし、これをシャープ個別の問題なんだと思っていると時代を読み間違えば、私達も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
人気の記事
カテゴリー
世間一般の投資ブログ