証券会社勤めはヤバイやつは本当か?

麻生太郎副総理兼財務・金融相が、「証券会社勤めはヤバイやつ」などと発言し物議を醸しているようだが、本当にこの方は自分の方がヤバい事を未だに理解していないようだ。

 

証券会社のヤバさなんて、この方のヤバさに比べるとかわいいもんでしょ。

 

なんせ、消費税は引き上げに賛同して景気腰折れさせるわ、消費税延期する際には、そんなことすれば日本売りが始まるだとか、財政破たん懸念で金利が急騰するだとか、いいかげんな事ばかり発言し、どれだけ日本国民を苦しめているのか、その自覚すらないようだ。

 

まぁ、確かに証券会社は銀行と比べるとワイルドな狩猟民族が多いが。

 

しかし、それはビジネスモデルの違いがそのようなインセンティブを与えるのはある意味当然なのだ。

 

証券会社は仲介ビジネスだからお金を動かして初めて手数料が発生する。

 

だから、どんな景気であっても売り買いをしなければ収益が発生しない。

 

これは本当にツライ・・・

 

このビジネスモデルの構造が過去の過度な株の回転売買や損失補てんに至るまでやってしまったのだが、しかしそこからこの業界も変わってきていることも確かなのだ。

 

売買手数料なんてネット証券の台頭で一気に低下したから、回転させる労力が報われなくなっている。

 

だから、証券はストックビジネスとコンサルビジネスに舵を切っているのだ。

 

銀行なんてシャッター開いた瞬間に飯が食える収益が発生するのだから証券に比べると楽な稼業だろう。

 

銀行は預かっている資産に管理料が発生するから、動かさないと息ができなくなる証券とは安定度が違うのだ。

 

証券マンは前のめり、ギラギラ、もしくは怯えた目をした奴らが多い。

 

一方で、銀行マンは穏やかな表情をしている奴らが多い気がする。

 

どっちの業界で働きたいかはその人の価値観次第だろう。

 

景気がいい時は証券マンが圧倒的に稼げるし給料はべらぼうにいいだろう。

 

なぜだかわかるか?

 

普通は景気が良くなり株が上がっても直ぐには業績はよくならない。

 

それは20年近くもデフレが続いた日本を見ればわかるだろう。

 

しかし、証券会社は一気に業績が良くなり給料もアップする。

 

なぜか?

 

それは、多くの企業は商品価格をなかなか引き上げられないが、証券会社は株価が上がればそれだけで売値、取引価格が上がることで手数料がアップするのだ。

 

株価が上がれば証券会社は一般の企業でいうところのインフレ効果を享受することになるのだ。

 

もちろん、株価下落の時はその逆の効果となるのだが。

 

まさに景気循環型の産業の代表だ。

 

話しは逸れたが、では、証券会社務めはヤバい奴らなのか?

 

私も元証券マンだからわかるが、確かにヤバい奴らはいるが、まともな奴らもたくさんいる。

 

つまり、個の問題であって、証券という産業自体を否定するのはあまりにもナンセンスだろう。

 

あんたもかなりヤバい政治家だろ?と言いたいとこだ。

 

これから貯蓄から投資の流れを作っていこうと国策でやっており、それが意義あることなのに、株をやってると田舎では怪しい奴だと思われるだと!?

 

自分の狭い経験と価値観が絶対だと思っているから、まともな政治判断ができず日本を良くする政治を実施できないのだろう。

 

人は誰もが自分の経験と価値観をベースに主観的になるのはある意味当然であり、そこから完全に抜け出すことは不可能だ。

 

しかし、それを理解した上で、他を理解する努力と、客観的に評価するための視点を身に付けることができるかが、物事を正しく見て正しく判断できるかを分かつのだろう。

 

これは、こうあるべきだ!といった考えが行き過ぎるとイスラム国の様になってしまう。

 

自分の確固たる考えを持つことは大切だが、それは他を受け入れる度量とそれによる変化を厭わない柔軟性がなければ人は進化できないのだ。

 

つまり、この大臣は進化していない。

 

進化していないということは現状維持か?

 

いや、現状維持というのは不可能な現象なのだ。

 

現状を維持し動きがなくなると、川をイメージするとわかりやすいがその場は淀むこととなる。

 

つまり、現状維持とは後退を意味するのだ。

 

人は常に進化していかなければならないのだ。

 

でなければ退化しか道は残されてないのだから。

 

う~ん、何の話かよくわからなくなったが、ヤバい奴はどこにでもいるし、個の問題ってことだ。

 

そして、影響力のある人間が、進化する努力を怠り退化していると、多くの人を不幸にするってことである。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です