日銀マイナス金利の影響とその効果とは?ショボイ・・・

先週末の1月29日に日銀によるサプライズ追加緩和がありましたが、これはある意味ダブルでのサプライズでした。

一つは、今回は政策変更はなく次回の日銀金融政策決定会合での追加緩和期待を高めるアナウンスに留めると誰もが思ってた中での、追加緩和であったことです。

もう一つが、マイナス金利の導入といったショボ過ぎる内容のみであったことです。

この日銀のマイナス金利導入によるコメントがメイディアや金融関係者から色々出ていますが、殆どが間違った理解をしています。

主な日銀マイナス金利導入へのコメントを上げ撃破していきますね。

まず、「今回の日銀のマイナス金利導入は量的緩和拡大が限界にきていることから、金利政策へ移行し、今後も金利引き下げ幅拡大で対応するつもりだ」といった解釈があります。

しかし、これはあり得ないでしょう。

もし、本当に日銀がこんな事を考えていれば日本はデフレから抜け出せず、株は売られまくります。

政治的要因で追加量的緩和のコンセンサスが取れないことによる、今回のマイナス金利導入は次の追加量的緩和への単なる繋ぎと見るべきでしょう。

なぜそう言えるかって?

マイナス金利導入なんて実体経済への効果は限定的だからです。

こんなことは日銀も百も承知でしょうが、投機筋への牽制となりさらなる投機売りは今後は後退することとなるはずです。

そもそも、日本の金利はマイナス金利導入前から低下しており、しかも10年国債金利で0.2%と歴史的低水準でしたね。

これが、0.2%が0.1%以下になったインパクトって殆どないでしょう。

一般的な見解として、金利低下で銀行が貸出に資金を回すだとか、超低金利から株へ資金を移すだとか期待されているようですが、このマイナス金利が後押しすることは100%ないでしょう。

今回のマイナス金利導入で取り敢えずは株式は上昇していますが、単なる投機筋のショートスクイーズ(売りの買戻し)に留まっています。

日銀は恐らく焦っているはずです。

あのマーケットの反応に?

何か??

そう、銀行株が逆行安しているのです。

なぜ銀行株だけがマイナス金利導入で大幅安しているかわかりますか?

巷で解説されいる内容は、長短金利幅(スプレッド)が急速に収束していることから、銀行の収益圧迫懸念で売られているといった超単純な理由です。

しかし、これは一見正しいようですが、上辺にすぎません。

だって、これまでを思い出して下さい。

日銀の量的緩和のバズーカが撃たれて金利下がった際、銀行株は急騰してましたよね?

金融相場だとかいってね。

なんで今回は急落しているのでしょう?

それは、目に見えている名目の金利低下が要因ではなくて、将来のインフレ期待が醸成されないからなのです。

そうなのです。

これまでの黒田日銀の追加量的緩和では長期金利は低下しても将来のインフレ期待(BEI)は上昇していたのです。

しかし、今回はこの将来のインフレ期待(BEI)が低下しているのです。

そう、マイナス金利導入では将来的に需要が盛り上がらずで物価は上がらない上に、長期金利は低下し長短金利スプレッド縮小から銀行の収益悪化が意識されているのです。

将来の物価上昇期待が芽生えていれば、長期金利低下していても将来の金利上昇から銀行収益拡大がイメージされることから、銀行株が買われるのが本来の金融相場なのです。

しかし、今回は全くそうなっていないのです、残念ながら・・・

では、日本株はもう上がらない?銀行株は売り?

NO!!!!!

日本株は買い!

銀行株はもっと買い!なのです。

黒田日銀総裁は言ってますね。

2%の物価安定目標の実現の為にマイナス金利付量的・質的金融緩和は継続するとね。

つまり、どこかの時点で必ず追加量的緩和が出てきます。

そして、次は金利ではなく量なのです。

量的緩和は限界になどきておらず方法なら幾らでもあると黒田日銀総裁は全くぶれない発言をしていますね。

そう、次はインフレ期待を上昇させる量の追加緩和をしてくるはずです。

優秀な黒田日銀総裁は同じ轍は踏まないでしょう。

そう、遅かれ早かれ日銀の追加緩和でインフレ期待上昇から金利は上昇していくのです。

うふふふ・・・

その時の銀行株の爆騰は凄まじいでしょう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です