円高でも日本株上昇の理由とは?

7月末の日銀追加緩和以降、円高と株高が併存している理由をわかっている投資家は殆どいないようだ。

 

今の様な1ドル101円レベルならば、過去の日経平均との相関からすると14,000円ぐらいに下落しなければいけない。

 

しかし、実際は16,700円と堅調な展開が続いており、更に上値を試す勢いが出てきている。

 

2016y08m11d_072947363

 

なぜ、これほど円高にも拘らず日本株が堅調なのか?

 

それは、日銀の追加緩和であるETF年間6兆円買いの政策効果なのだ。

 

メディアに登場する学者や金融関係者は口を揃えてETF増額は効果が限定的で期待外れと言っているが、これは大きな間違いなのだ。

 

これまでも、当ブログでは質的緩和であるETFやリートの増額が最も必要だと言ってきたが、まさに日銀はその質的緩和を実行した。

 

確かに、量も増額するにこしたことはないが、今回の質的緩和だけでもまぁ合格ラインには達していると判断していいだろう。

 

日銀のETF増額を発表した直後の株式市場は乱高下して、何だかリスクが高い様にもみえたかもしれないが、実はリスクは一気に低下している。

 

なぜだかわかるだろうか?

 

そうだ。実は将来のリスクを表す日経平均ボラティリティインデックスは日銀のETF増額を受けて一気に急低下し、更に足元も低下傾向を示しているのだ。

 

2016y08m10d_220117290

 

 

つまり、日本株のリスクが低下しているのだから株価がそれに合わせて上昇する修正が発生するのは当然なのである。

 

しかも、銀行株は景気の先行指標であるが、この銀行株が上昇しているのも単なる買戻しではなく、将来の日本株リスクの低下をベースに発生しているのである。

 

日銀の本来の目的を本当に理解してい投資家ならば今回の日銀追加緩和のETF増額の効果を理解できる。

 

日銀の目的とは?

 

そうだ。金利低下させマネーをじゃぶじゃぶにし、債券から株への移行を促すことである。

 

これを、様々な障害からスムーズに進まなかったものを、今回はダイレクトに日銀主導で行い、他の投資家を巻き込むことで、債券から株への流れを作りだしたのである。

 

リーマンショック後に米国FRBもやっていたではないか?

 

証券化商品MBSを100兆規模で買うことで、直接リスクマネーを提供し、リスク資産が買われる流れを作り出し、見事に世界に先駆けて景気回復を実現しているではないか。

 

日銀の目的とその効果を理解している投資家ならば今すべき投資戦略は容易に判断できるだろう。

 

また、足元、俗説では金利上昇は株安だが、その逆の現象が起きている。

 

直近でもマイナス金利でも株が下がっていたが、金利の高低で相場を見てはいけないのだ。

 

なぜ、金利上昇でも日本株は上昇しているのか?

 

将来の物価上昇期待が上昇し、景気回復期待が上昇しているからに他ならないのだ。

 

米国はなぜ自国通貨高であるドル高でも株高で、日本は円高で株安なのか?

 

それは、これまでの日本は国内がデフレ懸念が蔓延し続けていたから、外需にしか頼ることができず、その外需を圧迫する円高になると内外需とも全滅状態の日本株は米株よりも下落していたのだ。

 

しかし、この流れが7月末の日銀ETF6兆買いの追加緩和で流れが転換したと見ていいだろう。

 

思いださないか?

 

円高株高の80年代バブル期を?

 

そう、日本株バブルの足音が私には聞こえているが・・・

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です