トランプ相場そろそろ終焉で円高株安?NO!

トランプ相場ももうダメか終了か?っと言った声も増えてきているようだが、それでも相場は底堅い。

なぜか?

それはどうころんでも株高となる構造だからである。

しかし、株は日々上げ続けることはなく、どんなに強いブル相場であっても調整を経ながらの上昇となる。

少し相場を振り返ってみよう。これまでの流れを理解することで、今の立ち位置が崖っぷちなのか、復活の一丁目一番地かを把握できる。

今の立っている場所を正しく認識できれば、次はどこに向かうのかを正しく認識できるのである。

そう、相場予測とは過去からの流れを踏まえて正しく今の状態を理解することなのである。

今の状態がわかれば次はどういう方向に動くのかは容易に予測できるのだ。

殆どの投資家やメディアは今の状態を正しく理解できないから、必然として未来予測も間違うのである。

昨年2月にグローバル株式はボトムを打ち、11月のトランプ大統領選勝利で株高が加速したが、何が起こっているのか理解できているだろうか?

昨年は年明けから世界同時株安となり2月にボトムを打つことになったが、それまではどのようなセクターが買われていたか覚えているか?

そう、低ボラや最小分散といいたボラティリティの低い銘柄群が買われていた

これは、景気サイクルに相対的に業績変動が小さい電力やガスといった公益や小売りなど生活必需品セクターが買われていたのだ。

では、なぜ低ボラティリティの銘柄が買われていたのか?

マーケットに詳しい投資家ならば常識だろうが、この2~3年は低ボラブームと言われる程にボラの低い銘柄が買われていた。

リーマンショック、欧州危機などリスクの高い相場を経て機関投資家、主に年金基金を中心に広まったのがリスクを抑えた運用だ。

しかし、リスクを抑えると当然ならがらリターンは減少することとなるのだが、それは困ると。

リスクを抑制しリターンは維持したいといった都合の良すぎるニーズが機関投資家に一気に広まったのだ。

そんなものあるのか?と真面な感覚の持ち主ならば思うだろう。

何と、そのような都合の良いファンドがあったのだ。

それが、低ボラティティ銘柄で構成されたファンドである。

これは機関投資家のポートフォリオを構築する際に用いるリスクリターンで、低ボラティリティファンドは株のリターンを維持しつつリスクは株より低下するものとして広く一般に使われることとなったのだ。

そうなると見た目上はリスクが下がってリターンは維持できるのだから、リスク当たりのリターンは向上し運用効率がアップするってこととなる。

その結果、低ボラティリティ銘柄の人気に火が付き異様な程の割高なバリュエーションとなったのである。

割高だけど低ボラティリティ。

直観的におかしいと思わないか?

そう、投資は安く買って高く売るのが基本だろう。

投資の普遍的な原則からも可笑しいことは真面な頭があれば理解できるはずだ。

所詮は数字だけ見て本質を疎かにした結果がこの低ボラブームを加速させたのだ。

サブプライム問題も数学的操作で見た目のリスクを下げていたが、人は本質を疎かにし、同じ類の失敗を繰り返すものなのだとつくづく思わされる。

では、なぜ低ボラブームは終焉したのか?

それは、日米欧を中心とした積極的な金融緩和によりマーケットのリスクが低下したことで、そもそものリスク抑制ニーズが低下したのだ。

更にトランプ大統領誕生でインフレ期待が急速に高まったことで金利上昇期待も高まり実際に金利上昇スピードも加速したただろう。

インフレ期待からの金利上昇が低ボラブームにトドメを刺すこととなった。

なぜか?

企業の現在価値を算定する際には、企業利益を金利で割り引く

そう、金利が上昇することで、もともと割高となっていた低ボラ銘柄が更に割高となったのだ。

しかも、金利が上昇するということは景気回復期待も高まっているため、投資の視点がリスク抑制重視から本来のバリュエーションへと移行したのである。

まさに逆回転!

数値上のリスクは低いがリターンは上がらないといった悲しい状況となってしまったのである。

しかし、年明け以降はトランプ相場による急上昇の反動で、それまで買われていたバリュー株、シクリカルセクターが調整し、低ボラ銘柄へも買いが入っている。

こういった状況からトランプ相場はもうそろそろ終わりか?と思い初めている投資家も増えてきているようだ。

トランプ相場はもう終焉なのか?

いや、改めて言おう!

まもなくトランプ相場は第2ステージへ移行し、米国金利上昇からドル高円安へ向かうだろう。

さすれば、日本株の重石となっていた円高懸念払拭から日本株買いが見直されることとなるであろう。

今日はもう夜も更けてきたので、その根拠はまた次回書くこととします。少し考えて見てください。

日本株のシンデレラストーリーを^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です