人気企業ランキング?時代の変化にまだ気づかないのか?

オフィス街で就活学を良く見かけるなと思ったら、6月1日に就活解禁だったんですね。

 

でも、女子学生ばかり見かける気がするのは気のせいなのか?

 

それとも、私の意識がそうさせているだけなのか?

 

恐らく後者だろう。。。

 

でも、必死で道を聞き、タクシーに飛び乗ったと思ったら飛び降りたりと、何か初々しくて、かつての初心な自分がフラッシュバックしてきます。

 

いやぁ~わかいっていいですね。それだけで、価値がありますよ本当に。

 

しかし、この無限の価値を更に増やすか、消滅させるかは自分次第であり社会は無情なのです。

 

可能性がある若いうちに可能性を高める生き方をせねばなりません。

 

しかも、今は時代が移り変わる過渡期であり、今の時代の生き方にどっぷりと浸かっていると、新しい時代に完全に変わった時、かなり生きるのがつらくなるでしょう。

 

気づいたら時代が変わっていた・・・では、時代に取り残され無い様に必死にしがみつくので一杯一杯になってしまいます。

 

そう、時代の一歩先を読み解き、いや半歩でも先が見えればあなたは勝ち組になれます。

 

なんせ、それに向けた準備ができるのですから。

 

未だに就活生が選ぶ人気企業ランキングとかやっていて、しかもその上位にはその時代の調子のいい企業ばかりです。

 

ちなみに、2017年卒の就活生が選ぶ人気企業は、メガバンクや大手損保や航空やビールなどでありまさに大手優良企業です。

 

なんで、これらの企業が人気なのかは明白ですね。

 

他者からの羨望を得るブランド力があり、安定、安泰だろうとの理由でしょう。

 

しかし、二昔前の終身雇用や年功序列や定昇といった古き良き時代のサラリーマンは気楽な稼業と言われた時代ならば、これら大手企業への就職は一程度の合理性はあったでしょう。

 

しかし、明確な目的意識なく単なる安定だとかブランド力ほしさだけの安易な選択であるならば、新たな時代が到来した時には相当厳しい立場に置かれている可能性が高いでしょう。

 

時代の変化は至る所に兆しが顕在化しています。

 

そう、これらの兆しを単なるニュースで終わらせず、次の時代への変化と捉えねばなりません。

 

ぼーと日常を暮していると大変なことになってしいます。

 

では、どんな兆しがあるでしょう?

 

一例を上げると、「超有名企業の経営危機、リストラ、Uberなど新興企業の躍進、ユーチューバ―やブロガーが億を稼ぐ、経済格差の拡大、トランプ現象、大学のG型L型、大学の授業がネットで無料」などいくらでもあります。

 

これらの兆しは繋がって、新たな時代がやってきます。

 

そして、誰の目にも新たな時代が明らかになった時、その時にあ~、こういう時代になるのかと言っていたのでは遅すぎるのです。

 

では、これからどんな時代になっていくのでしょうか?

 

と、これは質問の幅が広すぎるので、ここでは働き方に焦点を当ててお話をします。

 

これからは、自分のビジネスを持っていないと生きづらい時代がくると考えています。

 

これは、何も独立とかだけではなくサラリーマンであっても同様なのです。

 

つまり、他者と交換できる自分のビジネスがなければ、単純労働で低賃金に留まるか、必死でストレスに耐えながら会社にしがみ付くしか道がなくなるでしょう。

 

しかし、自分のビジネスがあれば自由だけでなく、ビジネスの幅もいくらでも拡大できお金も稼ぐ事が容易な時代がやってくるのです。

 

そのベースにあるのが情報通信革命なのです。

 

今は昔と違ってほぼゼロコストでビジネスを始めることが可能です。

 

しかし、まだ実際にビジネスを始めているひとはほんの一握りでしょう。

 

まだ旧来の世界の常識である大企業で出世を目指すのが正しい道といった俗説が支配しているからです。

 

だからこそ今がチャンスなのです。わかりますか?

 

今自分でビジネスを始めている人は、もちろん優秀だからこそ自分でビジネスを始めている人も沢山いますが、それ以上に今の社会に受け入れられないから仕方なく自分でビジネスを初めて成功している人も多いのです。

 

そう、語弊を恐れずに言えば、能力の高い人はまだ大企業に沢山いますし、この大企業から進んで飛び出そうとする人も稀なのです。

 

しかし、新たな時代の到来に気づいた時には、この優秀な人たちが一斉に自分のビジネスを模索しだすでしょう。

 

だから、まだ優秀なライバルが少ない今こそ、自分のビジネスを立ち上げフィールドをがっちりと作る最後のチャンスだと思うのです。

 

多くの人は誤解してますが、大企業に入るのは難しくしかもそれ以上にその中で出世するのは過酷なのです。

 

一方で、自分のビジネスを立ち上げ大企業の部長や役員クラス以上に稼ぐのは大企業で出世するよりもかなり簡単なのです。

 

しかし、この事実に気づいている人は極少数なのが今なのです。

 

確かに、これまでの時代では空気を読むとか、自分を殺すとか、上司には逆らわないといった能力がサラリーマンで成功するために必要でした。

 

しかし、これからはそんな能力を磨くよりも、価値を生み出しそれをもっと高めていく事に全身全霊をかけねば生きてゆけない時代になるでしょう。

 

サラリーマンであっても自分のビジネスを持つ必要があると言ったのは、まさに雇われ精神ではなくて事業主であり、いつでも転職できる力がサラリーマンであっても必要なのです。

 

今のサラリーマンは言われた事をこなすだけの人が9割くらいでしょう。しかし、これでは自分のビジネスは醸成されません。

 

なぜならば、言われた事をこなす精神では10言われて、やるのはマックスでも10でしょう。しかも、できるだけ楽に効率良くやろうとします。

 

これでは価値の高い自分のビジネスは構築されないのです。

 

価値を真に追求する人は、言われなくとも10、20、30と常に自分の限界を勝手に超えていきます。

 

解り易く言えばオタクですね。

 

言われた事だけしかやらない人はオタクつまり一流にはなれないのです。

 

そして、これからの時代で生き残れるのはオタクつまり自分のフィールでの一流なのです。

 

就活生の皆さんも、ぜひ自分のフィールド、土俵ってものを構築して下さいね。

 

さすれば、時間的にも経済的にも精神的にも自由で充実した人生の扉が開けるかもしれません・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です